住宅ローン金利の計算方法とは?金利の仕組みから理解して把握しよう!

住宅ローン金利の計算方法とは?金利の仕組みから理解して把握しよう!

住宅ローンを組むと、実際に借りた金額に加えて金利を支払う必要があります。中には、どのようにして金利が計算されるのかを把握していない人もいるでしょう。

今回は、住宅ローンの金利タイプや計算方法について解説するので、住宅ローンを検討する際に役立ててください。

金利とは

金利とは

金利とは、借りたり預けたりした金額に対する利子・利息の割合のことです。利子や利息はお金を借りている期間にかかる手数料のようなもので、お金を借りた側が支払う分を利子、お金を貸した側が受け取る分を利息といいます。

いくら利子を支払うかは「ローン残高×金利」で求められます。たとえば、年3%の金利でローン残高が1,000万円あるとしたら、その年の利子は30万円です。30万円を12ヶ月で割ると、毎月支払うべき利子は2.5万円ということになります。ただし、返済を続けていけばローン残高は減っていくため、利子も徐々に減っていきます。必ずしも月々2.5万円の利子を支払うわけではありません。

なお、住宅ローンの金利タイプには「変動金利型」「固定金利型」「固定金利選択型」の3タイプがあります。それぞれの違いも把握しておきましょう。

住宅ローンの金利タイプ1) 変動金利型

返済期間中に金利が変動するタイプの住宅ローンを、変動金利型といいます。

変動金利型ローンの金利は、日本銀行の政策金利による短期プライムレートを基準とします。金利が低い期間は利子の支払い負担を抑えられるのがメリットですが、将来的に金利が上昇する可能性があります。金利が上昇すれば返済額に占める利子の割合が多くなるため、ローン残高がなかなか減らず、返済負担は大きくなっていくのです。

金利の見直しは半年ごとに行われます。ただし、住宅ローンの返済額の見直しは5年ごとと決められているため、金利が上がっても即座に返済に影響するわけではありません。また、返済額の増加は1.25倍までと上限が決められています。これらを踏まえ、変動金利型を選択する場合は、金利が上昇しても無理のない返済ができるような資金計画を立てることが大切です。

住宅ローンの金利タイプ2) 固定金利型

固定金利型とは、返済期間中の金利が固定されるタイプの住宅ローンです。10年満期の国債の利回りが基準となり、変動金利型と比較すると高めの金利設定となります。ただし、借入時の金利で固定されるため、市場の金利が上昇したとしても返済額に影響する心配がありません。また、借入をした時点で総返済額が把握できるため、返済計画が立てやすいのがメリットです。

しかしながら、金利の下降が続く場合は高い利子を支払い続けることになってしまいます。状況によっては、より低金利のローンへの借り換えを考える必要があるかもしれません。

住宅ローンの金利タイプ3) 固定金利選択型

契約後の一定期間は固定金利型、期間終了後に改めて金利タイプを選べるのが固定金利選択型です。設けられている期間は3年・5年・7年・10年など、金融機関によって異なります。「金利の変動に不安を感じるが、利子の支払い負担はなるべく抑えたい」という人におすすめの金利タイプです。なお、一般的には固定金利の期間が短いほど金利は低くなります。

固定期間終了は変動金利型に切り替えるか、固定金利型を継続することになります。ただし、自動的に変動金利に切り替えられ、固定金利型を選択できないローン商品もあることに注意してください。その場合は変動金利型と同じく、金利上昇のリスクがあることや返済計画が立てにくいことがデメリットとなります。

住宅ローンの金利相場などについてはこちらの記事もおすすめです。

住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法

金利タイプのほか、返済方法についても契約時に選択できます。住宅ローンの返済方法は、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類です。それぞれの特徴を理解して、自分に合った方法を選ぶようにしてください。

元利均等返済とは

元利均等返済は月々の返済を一定額にする方法です。返済スタート時から支払う金額が変わらないので、家計管理がしやすいのがメリットです。

しかしながら、借入元金がなかなか減らず、最終的な返済総額は元金均等返済と比べて多くなりがちです。同じ金額を支払っていても、ローン残高が多いうちは利子の割合が多くなってしまうためです。返済総額を抑えるには、こまめに繰り上げ返済を行って早めにローン残高を減らすことが大切です。

元金均等返済とは

元金均等返済は、元金の返済額を一定にして利息分を加えて返済していく方法です。元金が早く減っていくため、返済が進むたびに利子も少なくなり、月々の返済負担は軽くなっていきます。定年退職後もローンの返済が続く場合や、子どもの大学進学時に合わせて住宅ローンの負担を少なくしたい場合などにおすすめの返済方法です。

ただし、返済当初の返済額が大きくなるため、収入によっては融資が受けられない可能性があります。元金均等返済を選択する場合は、頭金を多めに入れて借入額を少なくするとよいでしょう。また、元金均等返済ができる金融機関も限られている点もデメリットです。

元利均等返済と元金均等返済の支払額の違い

元利均等返済と元金均等返済でどのくらい返済額が異なるのか、同じ条件でシミュレーションすると、次のようになります。

シミュレーション条件
  • 借入金額:5,000万円
  • ローン借入期間:30年
  • 金利タイプ:固定金利

シュミレーション参考

金利返済カテゴリ元利均等返済元金均等返済
0.6%月額151,798円163,888円
0.6%総額54,647,191円54,512,353円
1.6%月額174,969円205,554円
1.6%総額62,988,846円62,033,230円

毎月の返済額は元金均等返済が多めですが、元金が早く減っていくため利子の負担が少なく、最終的な総返済額は少なくなります。金利が高くなるほど元利均等返済との差は大きくなり、金利1.6%の場合は総返済額に100万円近い違いが出ることがわかります。

住宅ローンの金利の計算方法

住宅ローンの金利の計算方法

住宅ローンの金利タイプや返済方法がわかったところで、どのくらいの利子がかかるのかを計算してみましょう。元利均等返済と元金均等返済とでは計算式が異なります。計算式と例を紹介しますので、試してみてください。

元利均等返済の計算方法

元利均等返済の場合、月々の返済額を求める計算式は以下のとおりです。

・月返済額={借入金額×月利×(1+月利)返済回数)}÷{(1+月利)返済回数-1}

まず、金利は1年間にかかる割合で表示されているため、年利を12で割って月利を求めます。たとえば、借入金額2,000万円、借入期間20年、金利1.2%という条件なら、次のように計算します。

計算方法
  • 月利:0.012÷12=0.001
  • 返済回数:20年×12ヶ月=240
  • 毎月返済額:{2,000万円×0.001×(1+0.001)240}÷{(1+0.001)240-1}≒94,000円

なお、返済1回目の元金分と利子分はそれぞれ次のようになります。

  • 利子分:2,000万円×0.001=20,000円
  • 元金分:94,000円-20,000円=74,000円

元金均等返済の計算方法

元金均等返済では、次のようにして月の返済額を計算します。

・月返済額=(借入金額÷返済回数)+(借入残高×利率×日数/365)

元金均等返済は毎月決まった額の元金を返済していく方法です。元金の返済額を求めたあと利子部分を加算すれば、その月の返済額がわかります。借入金額2,000万円、借入期間20年、金利1.2%という条件で試算してみましょう。

計算方法
  • 元金返済額:2,000万円÷240回≒83,300円
  • 返済1回目の利子分:2,000万円×0.012×30日÷365日≒19,700円
  • 1回目の返済額:83,300円+19,700円=103,000円

2回目は次のように計算します。

計算方法(2回目)
  • 借入残高:2,000万円-83,300円=19,916,700円
  • 返済2回目の利子分:19,916,700円×0.012×30日÷365日≒19,644円
  • 1回目の返済額:83,300円+19,644円=102,944円

このように3回目以降も計算していくと、どのくらい金利を支払っているのかがわかります。

住宅ローンの計算はシミュレーションでも可能

いかがでしたでしょうか。

今回は、住宅ローンの金利タイプや計算方法についてを紹介しました。

こちらのシュミレーションサイトなどを利用すれば、住宅ローンの返済金額が簡単にシミュレーションできます。自分で計算する手間がかからず便利ですが、仕組みを理解していれば返済計画を立てるときや借り換えを検討するときなどにより役立ちます。

住宅ローンは借入金額が大きくなるため、慎重に検討することが大切です。自己資金やライフプランによって、選ぶべき住宅ローンの金利プランや返済方法は異なります。

家づくりOfferでは家づくりの総予算から土地と建物の配分をシミュレーションで算定し、理想の家づくりを進められます。また、住宅ローンのご相談も受け付けていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

土地探しや家づくりの相談は「家づくりOffer」で

「家づくりOffer」では、”無料”で全国の気になる土地を探せるうえに、その土地に建てられる住宅プランや総予算などもシミュレーションでき、土地探しから購入、各種手続きなどのさまざまな「家づくり」についてプロの建築会社に相談できます。

「そもそも資金計画の立て方が分からない」
「この予算内で買える土地、建てられる住宅プランとは?」
「家づくりについて0から相談したい」

という方はぜひ「家づくりOffer」をご利用ください。

また、家づくりOffer公式LINEでは、最新の土地の情報やお役立ち情報を配信しています。ぜひご登録下さい。

新着記事

多賀城市(宮城県)で注文住宅を建てる!住みやすさや土地探しのポイントをご紹介

多賀城市(宮城県)で注文住宅を建てる!住みやすさや土地探しのポイントをご紹介

多賀城市で土地から探して注文住宅を建てたい場合、家づくりのことだけではなく、多賀城市の地域の特徴なども...

エリア情報

2022.01.06

岐阜市で注文住宅を建てる!住みやすさや土地探しのポイントをご紹介

岐阜市で注文住宅を建てる!住みやすさや土地探しのポイントをご紹介

注文住宅で家を建てるなら、検討している地域の特徴や雰囲気がライフスタイルと合っているかどうかを考えるこ...

エリア情報

2022.01.06

世田谷区で注文住宅を建てる!住みやすさや土地探しのポイントをご紹介

世田谷区で注文住宅を建てる!住みやすさや土地探しのポイントをご紹介

都内有数の住宅街エリアとして人気の「世田谷区」は、人口、世帯数ともに東京23区で第1位のエリアです(2...

エリア情報

2022.01.06

土地探しにかかる平均期間はどのくらい?土地探しの流れと失敗しないコツも紹介

土地探しにかかる平均期間はどのくらい?土地探しの流れと失敗しないコツも紹介

土地探しを始めたけど、なかなか気に入る土地が見つからない…と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。今...

土地探し

2021.12.15

注文住宅の相場と予算はいくら?予算の決め方やオーバーしない対策を紹介

注文住宅の相場と予算はいくら?予算の決め方やオーバーしない対策を紹介

注文住宅の予算はどれくらいを想定しておけばよいのかイメージがつかないですよね。また、注文住宅の購入には...

お金・住宅ローン

2021.12.15

注文住宅の土地の探し方!会社選びと土地探しはどちらが先?土地探しの注意点も紹介

注文住宅の土地の探し方!会社選びと土地探しはどちらが先?土地探しの注意点も紹介

注文住宅は建物をこれから建てるので、土地探しで苦労する人もいるでしょう。しっかり計画を立てて土地探しを...

土地探し

2021.12.10

【初めての方向け】家づくりオファーの使い方徹底解説

【初めての方向け】家づくりオファーの使い方徹底解説

家づくりオファーは「土地探しから住宅会社の来場予約まで」一気通貫でご利用いただけます。今までのように「...

2021.11.30

注文住宅の土地探しのお悩み改善!家づくりオファーの5つメリットをご紹介

注文住宅の土地探しのお悩み改善!家づくりオファーの5つメリットをご紹介

注文住宅を建てたるために土地を探しているけれど、なかなか希望の条件の土地が見つからないし、時間がかかっ...

2021.11.30

注文住宅の流れと期間は?家を建てる前にすることを解説

注文住宅の流れと期間は?家を建てる前にすることを解説

注文住宅の購入を検討している場合、まずはどのような流れで進めていくのか、具体的な準備について把握してお...

依頼先探し

2021.11.29

注文住宅で住宅ローンを利用するときの流れと必要書類

注文住宅で住宅ローンを利用するときの流れと必要書類

住宅ローンを初めて利用する際は、分からないことが多く、不安になりますよね。そこで今回は、住宅ローンの...

依頼先探し

2021.11.09

PAGE TOP